視聴率

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【視聴率】テレ朝「ポツンと一軒家」高視聴率16・4% “ライバル”日テレ「イッテQ」を上回る
    1


    1: 2019/02/25(月) 10:25:35.05 ID:dZ7x0EGf9
    テレビ朝日系「ポツンと一軒家」(日曜後7・58)が24日に放送され、平均16・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と高視聴率をマークしたことが分かった。 


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190225-00000080-spnannex-ent

    【【凄いw】『イッテQ』に勝っちゃった番組wwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【週刊新潮】 歴代ワーストの平均視聴率記録に並んだNHK大河ドラマ 「いだてん」・・・ビートたけしの声が聞き取りづらいのが致命的
    1


    1: 2019/02/04(月) 11:05:41.46 ID:uoUtE2539
    1月6日にはじまったNHK大河ドラマ「いだてん」。

    平成最後の大河と意気込んだものの、スタートダッシュで見事にコケた。

    朝ドラ「あまちゃん」で成功したクドカンこと宮藤官九郎氏の心は傷つき、焦りに駆られているのではないか。

    初回は15・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)。歴代ワースト3位と大きく出遅れた。

    第2回では、心臓破りの丘で失速するように12%まで急降下。歴代ワーストの平均視聴率記録に並んだのである。第3回は13・2%と小康状態で――。

    ドラマは、マラソン選手の金栗四三が初めて五輪に参加した1912年から、新聞記者の田畑政治(まさじ)が東京五輪を成功させた64年までを中心に描く。

    前半の主人公である金栗を中村勘九郎が、後半の主人公、田畑は阿部サダヲが演じる。古今亭志ん生役のビートたけしがナレーションを務めるのも放送前から話題だった。

    金栗生誕の地である熊本県和水町(なごみまち)の高巣泰廣町長の、

    「わが町が生んだ金栗さんがどのような形で出てこられるのか、非常に興味を持って観ております。第2回で和水町の景色が出てきてよかったです。回を重ねていけば、視聴率も上がると思っております」

    との朴訥な言葉が叶えばいいのだが……。

    「近現代史を題材にすると視聴率が悪いのは、過去の例からもNHKは織り込み済みだったと思います」

    こう語るコラムニストの桧山珠美氏は、

    「クドカンのドラマは登場人物が多く、パッと時間が飛ぶのが特徴。まさに初回がそうで、顔見世興行のようでした。場面もころころ変わり、金栗四三がぜんぜん出てこない。志ん生やほかの登場人物ばかり出てきて、役所広司演じる嘉納治五郎を主人公と思った人もいたのでは。そこがまたクドカンっぽくて面白かったのでしょうが、昔からの大河の視聴者は置いてけぼりにされたかもしれません」

    この点について、

    「あの展開の早さは、旧来からの大河ファンが離れるだろうな、と思いました」

    と、メディア文化論を専門とする上智大学の碓井広義教授は語る。

    「ほかにも問題があります。語り手を実在の人物である志ん生にしたのはいかにもクドカンらしいのですが、演者がビートたけしさんであること。志ん生が高座で落語を演じる体裁で舞台回しをしますが、たけしさんにしか見えないし聞こえません。たけしさんの声が聞き取りづらいのが致命的です。あれでは視聴者が話についていけません」

    致命的な問題、つまり志ん生役にビートたけしを指名したのは、NHKの制作統括プロデューサーである。

    コラムニストの林操氏は、そのNHKサイドへ指摘。

    「主人公が2人もいるのも、いかにも頭でっかちな感じですよね。NHKは五輪をテーマにして2020年に向けて国威を発揚しつつ、陸連や五輪関係者にも気を遣わないといけない。それで、宮藤さんにあれこれと過剰なオーダーをしすぎたのではないでしょうか」

    序盤の失速は、NHKの心臓破りのような無茶ぶり要求が招き、結果、クドカンはハートブレイク……。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190204-00555999-shincho-ent

    【【そうなんやw】NHK大河ドラマ『いだてん』さん、エゲツないほどスベるwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    1: 2019/01/28(月) 10:39:40.59 ID:/pH1oIay9
    【NHK視聴率】大坂優勝の全豪オープン、視聴率は32・3% ブラタモリなど休止で中継
    1/28(月) 10:18配信

    26日にNHK総合で放送されたテニスの全豪オープン女子決勝の世帯平均視聴率が関東地区で32・3%だったことが28日、分かった。

    全豪オープン女子決勝は、大坂なおみがチェコのペトラ・クビトバを7-6、5-7、6-4で下し、全豪初優勝を飾った。

    全豪オープンテニスは、18時5分からの前半が32・3%、19時30分からの後半は26・4%。関西地区は前半32・2%、後半は26・2%だった。

    後半の時間帯は通常ならば「ブラタモリ」「さし旅」が放送予定だったが休止し、中継を続けた。

    同時間帯は前4週は前半8・7%と後半7・8%だったことから、大幅な視聴率アップとなった。

    試合は大坂とクビトバが一進一退を繰り広げる激戦に。最後は大坂の高速サーブにクビトバが屈し、幕を閉じた。

    (数字はビデオリサーチ日報調べ)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190128-00000043-dal-ent

    【【ファーw】大坂なおみさん決勝の『視聴率』SUGEEEEE!!!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    1: 2017/02/21(火) 12:27:27.59 ID:u64spMXc0
    SMAPの解散に伴い、昨年12月26日に20年9カ月の歴史に幕を下ろした「SMAP×SMAP」の後番組として注目されるフジテレビ「ちょっとザワつくイメージ調査 もしかしてズレてる?」(月曜後10・00)が20日に放送され、平均視聴率は3・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが21日、分かった。


    http://news.yahoo.co.jp/pickup/6230775

    【【悲報】『スマスマ』の後番組でフジテレビさん、うっかりトンデモない視聴率をとってしまう】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    1: 2017/02/20(月) 10:04:59.57 ID:CAP_USER9
    スポニチアネックス 2/20(月) 10:02配信

    昨年大みそかをもって解散したSMAPの木村拓哉(44)が主演を務めるTBS日曜劇場「A LIFE~愛しき人~」(日曜後9・00)の第6話が19日に放送され、平均視聴率は15・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが20日、分かった。

    第1話=14・2%、第2話=14・7%、第3話=13・9%、第4話=12・3%と推移。
    第3話、第4話と連続ダウンしたが、第5話で13・9%と上昇。第6話15・3%とV字回復し、第2話の14・7%を上回り、自己最高をマークした。

    グループ解散後、木村の初仕事となる主演作。連続ドラマ主演は、昨年4月クールのテレビ朝日「アイムホーム」以来、1年半ぶり。TBS日曜劇場となると、13年10月クール「安堂ロイド~A.I.knows LOVE?~」以来3年ぶり。

    過去にさまざまな職業の主人公を演じてきたが、心臓血管と小児外科が専門の職人外科医に初挑戦。今回の外科医役が20個目の職業になる。

    脚本はフジテレビ「僕の生きる道」「僕と彼女と彼女の生きる道」「僕の歩く道」の
    僕シリーズ3部作などで知られる橋部敦子氏による完全オリジナルのヒューマンラブストーリー。
    演出は「ROOKIES」「JIN―仁―」「天皇の料理番」などの平川雄一朗氏ら。

    以下全文
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170220-00000088-spnannex-ent

    【【衝撃】昨日の木村拓哉主演ドラマ『A LIFE』の視聴率が予想外なことにwww】の続きを読む

    このページのトップヘ