結婚

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    1: 2019/06/07(金) 11:15:40.70 ID:PYjfwLkl0
    宗美玄(丸の内の森レディースクリニック院長)が山里さんの結婚報道に対して
    「女性って子供産むじゃないですか。山里さんの子供の顔が心配で私は無理。美人の女優さんはそういう所はコンプレックスは無いんですね。」とKYブサイク弄り。


    引用元:http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1559873740/

    【【これは酷すぎ】『とくダネ!』で山ちゃん&蒼井優の結婚に女性コメンテーター「子供の顔が心配で私は無理」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    1: 2019/06/01(土) 13:49:32.95 ID:054o9onH0
    おカネをどう使うかで、その人の“人となり”が評価されてしまうことがある。 
    あくまで一般論だが、人のためにおカネが使える人の評価は高く、必要以上にケチだったり、おカネにルーズな人の印象はよくない。 

    男女交際においても、“男女間でのおカネの使い方”は、つねに話題に上るところだ。
     
    年代が若くなるにつれ、“割り勘”で交際することに抵抗がないカップルが増えていると言われているが、 実際のところ“女性に奢(おご)れる男性”は、女性たちからやはり高評価を得る傾向にある。 

    また“割り勘”で交際しているカップルも、男性が1円単位まできっちりと割っていたら、 女性はその男性を“セコイ”と思うだろう。たとえば5000円の会計なら、男3000円、女2000円という、 いわゆる“女子割”会計が主流ではないだろうか。


    引用元:http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1559364572/

    【【えぇ…】女の子(38)「奢らない男多すぎ、婚活市場にはゴミみたいな余り物しかいない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    1: 2019/04/15(月) 11:22:17.34 ID:s2h63Pa20
    そんななか、パートナーエージェントは、婚活業界で唯一、正真正銘のAIを導入している。

    前述したFRONTEOの『KIBIT(キビット)』という人工知能エンジンを2018年6月に導入したのだ。

    同社が導入したKIBITは、過去に成婚したカップルのデータを学習し、データと類似性の高いカップルをリストアップするという仕組みだ。

    「具体的にKIBITが判断するのは、会員様の趣味やこだわり、好きなもの、理想の夫婦像、そして専任の成婚コンシェルジュが書いた会員様の推薦コメントなどです。ぴったりのお相手を見つけると、AIがコンシェルジュに教えてくれます」

    しかし、KIBITが割り出すのは、条件ではなく“人柄”や“価値観”による相性だという。

    これまで成婚コンシェルジュが目で判断するしかなかったその人の長所やお相手との相性の良さを、人工知能が発見し、マッチングしてくれるのだ。

    2018年11月時点で、KIBITがマッチングしたカップル、10組が見事成婚している。

    https://ascii.jp/elem/000/001/830/1830267/


    引用元:http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1555294937/

    【【すごE】人工知能『KIBIT』さん、マッチングしたカップルを10組も結婚に導いてしまうwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    1: 2019/03/27(水) 20:01:42.48 ID:pLTLHDWa0
    私も仕事辞めてついていく!


    引用元:http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1553684502/

    【【ファッ!?】ワイ(27)「長崎転勤になったわ」(これで別れられるわ)彼女(32)「…」→】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    1: 2019/03/04(月) 11:31:04.27 ID:sYA4gYKxF
    ワイとしては付き合ってまだ4ヶ月やし、
    早計やと思うんやがどう思う?

    【【悲報】彼女(28)が”結婚”をせがんでくるんやが・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ