拒否

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【ジャスラック】自分が作詞、作曲した曲なのにJASRACに使用許諾を拒まれてライブ開けず。シンガーソングライターらがJASRACを相手に訴訟
    1


    1: 2019/02/17(日) 11:25:08.53 ID:5yglv7op9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190217-00009240-bengocom-soci

    自分で作詞・作曲した楽曲なのに、使用許諾を拒まれて、ライブが開けず、精神的苦痛を受けたとして、シンガー・ソングライターの、のぶよしじゅんこさんら3人が、JASRAC(日本音楽著作権協会)を相手取り、計385万円の損害賠償をもとめる訴訟を東京地裁に起こした。

    1月11日、第1回口頭弁論が開かれて、JASRAC側は請求棄却をもとめた。このあと弁論準備に入るが、ミュージシャンによる提訴は異例ということだ。

    はたして訴訟のポイントは何だろうか。


    ●ライブを開けなかったミュージシャン

    訴状によると、のぶよしさんは音楽出版社を通じて、自分が作詞・作曲した楽曲の著作物管理契約をJASRACと結んでいる。

    【【うーん】JASRACさん「お前ライブでその曲披露したらアカンで」アーティストさん「俺が作詞作曲した曲やろがい!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    1: 2019/02/03(日) 12:40:43.31 ID:Jo7uhZ1O9
    【芸能】新井浩文容疑者 被害女性「それ以上やったらダメです」とサービスを拒否


    俳優の新井浩文容疑者がマッサージ店の女性に暴行を加えたとして逮捕された事件で、女性が「それ以上やったらダメです」とサービスを拒否していたことが新たにわかった。

    この事件は去年7月、俳優の新井浩文(本名・朴慶培)容疑者が、東京・世田谷区の自宅に派遣された30代のマッサージ店従業員の女性の頭を押さえつけるなどした上、暴行を加えたとして逮捕されたもの。

    その後の捜査関係者への取材で、サービスを要求する新井容疑者に対し、女性が「それ以上やったらダメです」と拒否していたことが新たにわかった。

    警視庁は、新井容疑者が女性にサービスを拒否されたにも関わらず強引に暴行に及んだとみているが、新井容疑者は、「やっていないことも含まれている」などと容疑を一部否認しているという。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15968005/
    2019年2月3日 11時50分 日テレNEWS24

    【【アカン】新井浩文と被害者女性のやりとりがなんかもうアカン】の続きを読む

    このページのトップヘ