可愛い

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    1: 2019/06/16(日) 07:01:36.31 ID:aT2TJGb+9
    ◆卓球ワールドツアー ジャパンオープン荻村杯第4日(15日、札幌市・北海道立総合体育センター)

    混合ダブルスで張本智和(15)=木下グループ=、早田ひな(18)=日本生命=組が準優勝を飾った。

    決勝は許シン、朱雨玲組に0―3で敗れたが、準決勝では樊振東、丁寧組(いずれも中国)に3―1で勝利。

    女子ダブルスの木原美悠(14)、長崎美柚(17)組=エリートアカデミー=は2―3で世界選手権金メダルの中国ペアに惜敗。

    女子シングルス準々決勝は平野美宇(19)=日本生命=が4―0で佐藤瞳(21)=ミキハウス=を下した。


    張本、早田組が結成2大会目で準優勝に輝いた。

    決勝は世界屈指の回転量と威力を誇る許シンのボールに苦しんだが、準決勝で世界ランク1位の樊振東と16年リオ五輪女王の丁寧が組んだ中国ペアを撃破。

    これまで練習機会は数回程度で、張本は「これからもっと練習すれば、今日負けたペアにも勝てるチャンスがある」と手応えをにじませた。

    10代ペアには、ほほ笑ましい一幕もあった。

    準決勝の勝利の瞬間、歓喜した張本が両手を広げたが、タッチの構えの早田は困惑。

    慌ててハイタッチを交わすもタイミングが合わず、やり直しに。

    「いつもは片手でバンてやるけど、『ここでハグされても』と思って引き気味になって(笑い)。ハイタッチに切り替えてくれたけど、体が引いてたので空振りしちゃって」。

    早田が明かすと、張本は「男子ダブルスでは木造(勇人)選手と優勝の時にハグしてるので、その感覚でいってしまって。よく見たら女子の選手でダメだと思って」と顔を赤らめた。

    初々しさを感じさせた2人だが、プレー面は着実に進化している。

    前週の香港オープンは個人技での得点も多く本戦1回戦で敗れたが、今大会はラリーに持ち込み、互いの長所を生かす場面が増えた。

    ともにシングルスで悔しい敗戦を喫した14日も、早田が「気持ち切り替えて頑張ろう」と連絡し、練習に誘うなどの気遣いや努力も糧になった。

    張本が前陣から正確なバックハンドで仕留め、早田も男子のボールを苦にしないなど魅力あふれるペアだが、東京五輪の混合ダブルスは団体戦代表の3人から選ばれる。

    それぞれが代表に入ることが不可欠で、早田は「張本選手と組ませていただければいいなと思うけど、まずはシングルスで頑張っていきたい」と力を込める。

    日本はさまざまなペアリングを試している段階。今後のツアー出場は未定だが、個々の力を磨き、“はりひな”再結成のチャンスをつかむ。(林 直史)

    6/16(日) 6:10配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190615-00000302-sph-spo 




    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1560636096/

    【【可愛いw】『男女混合ダブルス』で日本卓球界の至宝10代コンビ、”ハグ”をめぐり顔を赤らめるwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    1: 2019/06/15(土) 11:20:16.84 ID:3mOWTjKh0


    引用元:http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1560565216/

    【【これはー!!】浅田真央さん(28)の”現在の姿”が話題にwwwwwww(※画像あり)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    1: 2019/03/05(火) 11:25:46.08 ID:+lhjiRfF0

    【【これが天才】『東大』にトップの成績で合格した女さん「どの科目も手応えがなく絶望的だった」 wwwwww(画像あり)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    1: 2017/02/26(日) 11:48:17.35 ID:CAP_USER9
    日曜早朝にフジテレビ系で放送されているアニメ「GO!GO!チャギントン」で3月7日の放送から「5代目チャギントンナビゲーター」を務めることが発表されたのは新人の鈴木唯アナである。 
    【『歴代最高』と言われるぐうかわ女子アナの顔www(画像あり)】の続きを読む

    このページのトップヘ