冤罪

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    1: 2019/05/31(金) 11:02:02.31 ID:+d5VPxTY9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190530-00009702-bengocom-soci

    東京都北区のJR赤羽駅ホームで、女子高生2人に追いかけられ、走って逃げる男性の動画が5月28日、Twitterに投稿されました。

    Twitterでは「痴漢ではないか?」と言われていましたが、5月29日に放送されたフジテレビ系情報番組「めざましテレビ」で、逃げていた男性が女子高生に痴漢行為をしたとして、強制わいせつの容疑で逮捕されたことが報じられました。

    動画では、ホームを走って逃げる男性と後ろから「逃げるな!」と声を上げて追いかける女子高生2人の姿が映されていました。

    また、逃げる男性が目の前を通り過ぎた時に、別の男性がさっと足を出し、逃げている男性を転ばせていた場面も撮影されています。

    ネットでは、転ばせた男性について、「暴行罪だ」と指摘する声が一部で上がりました。

    本当に暴行罪にあたるのでしょうか。西口竜司弁護士に聞きました。


    ●「男性の行為は犯人の逃走を防止するためで社会的に正当」

    今回のケースのように、女子高生たちが「逃げるな!」と言いながら、追いかけている男性を周囲の人が転ばせた場合、罪に問われるのでしょうか?

    「中々に珍しい案件ですね。今回の件につきましても形式的に考えますと、暴行罪(刑法第208条)に該当することになります。ただし、逃げる犯人を逃がさないために行ったという点で法令行為(刑法第35条)に該当するとして、違法性が阻却(そきゃく=退けること)されないか問題となってきます。

    つまり、男性の行為が刑事訴訟法213条の現行犯逮捕に該当すれば、法令行為として違法性が阻却されることになります。

    ただし、現行犯逮捕が認められるためには、犯行を現認していることが必要です。今回の件では男性が犯行を見ていたとはいえず、現行犯逮捕を認めることは難しいかなと思われます。したがって、法令行為に該当するとして違法性は阻却されない可能性が高いです」

    では、男性は暴行罪に問われるのでしょうか?

    「男性の行為は犯人の逃走を防止するために行ったものであり、社会的にみて正当なものといえます。私としては、超法規的な観点から違法性阻却される可能性があると考えます。

    つまり、今回の事件では暴行罪は成立しないのではないでしょうか。当たり前といえば、当たり前の結論かもしれませんが考え始めると悩みますね。男性の勇気に拍手を送りたいと思います」


    引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1559268122/

    【【えぇ…】『逃げる痴漢』を転ばせた男性、「暴行罪だ」と一部ネット民に叩かれる…”痴漢冤罪”が憎過ぎて頭がおかしくなる人々 (;゚Д゚)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    1: 2019/05/24(金) 10:04:41.30 ID:J0u5M0eB9
    熊本地震の避難所で当時小学6年の女児に「わいせつな動画を見せた」と女児の母親から県警に被害を訴えられ、家裁で刑事裁判の無罪に当たる不処分の決定を受けた当時19歳の男性(22)が、「違法な取り調べで苦痛を受けた」として熊本県に損害賠償を求める訴訟を熊本地裁に起こしていたことが分かった。7日付。

    熊本県警や男性の代理人弁護士によると、避難所で男性と隣り合う場所にいた女児の母親が2016年5月、「娘がスマートフォンでわいせつ動画を見せられた」と県警に訴えた。

    男性は逮捕され、地検から家裁に送致されたが、男性のスマホからわいせつ動画の閲覧履歴が確認されず、家裁は「客観的な証拠がなく、母親の目撃証言も信用性に疑いがある」として、非行事実なしと結論付けたという。男性は逮捕当初から容疑を否認していた。

    訴状によると、男性は県警の取り調べで、非行を前提に「反省の色がない」「調べるうちに不利なものばかり出てくる」などと迫られ精神的苦痛を受けた、としている。
     
    代理人の松本卓也弁護士は「被災直後で県警も防犯意識が高く、早まったのではないか」と指摘。

    「客観的証拠がないまま逮捕したことは遺憾。男性は今もフラッシュバックなどに苦しんでいる」と話した。

    熊本県警は「事案は把握しているが、訴状が届いておらずコメントできない」としている。男性は、昨年5月に女児の母親に損害賠償を求めて提訴し、争っている。

    https://www.nishinippon.co.jp/sp/item/n/512764/

    【【これは酷い】避難所母親「娘(小6)がわいせつな動画を見せられた」熊本県警「はい逮捕。お前やっただろ吐けコラ」家裁「スマホに履歴ないじゃん。無罪」男「おかしくね?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【サッカー】<07年我那覇和樹を襲った冤罪事件>「言わないと一生後悔する」
    1


    1: 2019/02/08(金) 21:16:39.54 ID:Ee3vD9PY9
    それは、最初はまったく馬鹿げたスポーツ紙の誤報から始まった。2007年4月24日サンケイスポーツに「我那覇に秘密兵器 にんにく注射でパワー全開」という記事が載ったのである。

    この報道を見たJリーグのドーピングコントロール(以下DC)委員会がこれはドーピングだと問題視したのである。

    ところが、実際に我那覇が受けたのは感冒の治療であった。脱水症状にあったために点滴を施されたにすぎなかったのである。

    Jリーグが事実関係を調査すればすぐにわかることであり、本来であればフェイクニュースを流したこのスポーツ紙の記者を呼んで注意して終わりである。

    そもそも、にんにく注射自体も厳密にはWADA(国際アンチドーピング機構)の規程ではドーピングではなく、JリーグのDCがこしらえたローカルの倫理規定に過ぎなかった。


    ところが、ここからDC委員長の暴走が始まる。

    Jリーグで行なわれた事情聴取で青木治人DC委員長(当時)は、我那覇側にまったくの反論の機会を認めず、最初から処罰ありきの前提でドーピングと宣告。

    我那覇に6試合の公式試合の出場停止処分と川崎フロンターレに1000万円の制裁金を課したのである。

    まったくの冤罪であった。


    青木委員長が後にFIFA(世界サッカー連盟)からのメールで「(たとえ、にんにく注射であっても)この件はドーピングではなく厳重注意処分でいい」という指摘を受けたときに、我那覇の無罪を主張する他のドクターに言った言葉が「いやあ、マスコミが騒いじゃったからさあ」というものであった。

    にわかには信じがたいほどにその程度の薄っぺらい思考で将来のあるアスリートをドーピングとして罰したのである。


    事実を確認する前にサンケイスポーツの誤報を鵜呑みにして、マスコミに向けてこれはドーピングだと騒いだのはJリーグの側であった。

    川淵三郎日本サッカー協会会長(当時)は事情聴取の行なわれる前に「我那覇の件はけん責処分とか6試合以下の出場停止処分か、それより重い資格停止(12か月以下)、その程度が常識的なところだろう」とスポーツニッポン紙などに語っている。

    処分が決められる聴取の前に一方的に私見で量刑にまで言及するとは、選手を守るべき競技団体のトップとしてはあらざる行為である。


    この裁定にJリーグの全クラブのチームドクター31人が処分の撤回に立ち上がった。

    無実の我那覇に不名誉極まりない一生の罪を負わせてはいけない。そしてこれをドーピングとされれば、正当な医療行為を選手たちは受けられなくなる。

    事態を重く見たJADA(日本アンチドーピング機構)も「我那覇はドーピングではない」と異例の声明を出した。

    しかし、一度下した裁定をDC委員長は何度も詭弁を弄して覆そうとしなかった。


    この間、我那覇はずっと孤独に置かれていた。

    誰も真実を教えてはくれず、流通する報道の中でドーピングの汚名を着せられたまま、釈然とせず、それでも自分はサッカー選手なのだから何とかサッカーに集中しようとしていた。

    そんな我那覇は、最終的には3000万円を越える私財を投じてCAS(スポーツ仲裁裁判所)での裁定を望んだ。

    それは決して自分の名誉のためだけではなかった。そこには一枚の手紙の存在があった。

    人を介して届けられた手紙には、この処分は明らかな誤りで、あなたはドーピング違反ではありませんと事実を伝え、Jリーグの医師としてそんな窮地に選手を追いやってストレスを与えてしまっていることへの謝罪が記されていた。

    真実が覆い隠されていた中で手を差し伸べてくれたのは、浦和レッズの仁賀定雄チームドクター(当時)だった。

    我那覇が反応したのは、「この間違った前例が残ると、今後のすべてのスポーツ選手が適切な点滴医療を受ける際に、常にドーピング違反に後で問われるかもしれないという恐怖にさらされます」という一文だった。

    2/8(金) 17:36配信 スポルティーバ 全文
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190208-00010007-sportiva-socc

    【【酷すぎる】有望サッカー選手を『冤罪』で潰して謝罪なし…日本サッカー界のヤバすぎる黒歴史がこちら…】の続きを読む

    このページのトップヘ