マスコミ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    1: 2019/05/31(金) 09:21:48.45 ID:DjC1FNw09
    ◆ 【炎上】フジテレビが川崎殺傷事件でゲームを悪者にする報道か / 猛烈批判「岩崎容疑者の自宅にゲーム機があったと報道」

    フジテレビを筆頭としてFNN28局がインターネットニュースを配信している「FNN PRIME」が、2019年5月23日(火曜日)に発生した川崎殺傷事件に関するニュース記事を配信したものの、その内容が情報操作的、偏向報道的であるとして、猛烈なバッシングを受けて大炎上している。


    ・最悪の結果となった卑劣な事件

    川崎殺傷事件は、岩崎隆一容疑者(51歳)が包丁で次々と小学生らを切り付け、女児1人、大人1人、そして岩崎隆一容疑者が自殺するという最悪の結果となった卑劣な事件。
    警察は岩崎隆一容疑者の自宅を家宅捜索した。


    ・「部屋にテレビとゲーム機」と報じる

    その家宅捜索に関し FNN PRIME は「部屋にテレビとゲーム機 岩崎容疑者の自宅」と題して記事を掲載。
    あえてゲーム機に焦点を当てた記事を掲載し、内容も「ゲーム機が部屋にあった」というだけのもので、特に犯行に関係がありそうなものではなかった。


    ・ゲーム機を悪者にしようという流れ

    特に内容がない記事ではあるが、このような事件ではあえてゲーム機に焦点を当てた記事を書くことにより、ゲーム機を悪者にしようという流れが作られることがあるため、今回の FNN PRIME の報道は情報操作的(偏向報道的)であると猛烈な批判を受けているのである。
    たとえば、前参議院議員の山田太郎氏は以下のように語っている。


    ・山田太郎氏のTwitterコメント

    「川崎殺傷事件の報道。あえてゲームとテレビのみを切り出し、記事ではゲーム機をことさら強調し、あたかも犯罪と紐付けるような報道は認めるわけにはいきません。抗議します(テレビの世帯保有率は98%以上、ゲームも3割以上)」

    https://twitter.com/yamadataro43/status/1134035528842588165


    ・どうしてテレビとゲーム機だけをとりあげて報じたのか

    警察の家宅捜索を報じるにあたり、「岩崎隆一容疑者の部屋に何があったのか」を視聴者に伝えるにしても、テレビとゲーム機は多くの家庭にあるものであり、それだけを取り上げて記事化するのは非常にナンセンスとの声が出ている。

    ちゃぶ台、コップ、雑誌、本、布団、枕、お菓子、パンなどは部屋になかったのだろうか。
    たとえばパンがあったならば、「岩崎容疑者の部屋にテレビとゲーム機とパン」と報じず、どうしてテレビとゲーム機だけをとりあげて報じたのか。


    ・強引なこじつけでゲーム機を悪者にする流れ

    重ねて言うが、このような凶悪犯罪が発生すると、ゲーム機が犯行の原因かのように報じられ、ネガティブなイメージが作られてしまう流れが以前からあった。
    そろそろ、そのような「強引なこじつけでゲーム機を悪者にする流れ」は終わらせたほうが良いのではないだろうか。

    バズプラスニュース 2019/05/30
    http://buzz-plus.com/article/2019/05/30/kawasaki-jiken-game-news/


    引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1559262108/

    【【炎上】『川崎刺傷事件』でマスコミがやらかし批判殺到!!!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    1: 2019/05/11(土) 11:49:28.03 ID:YRCfUBkc9
    懸念していたことが、実際に次々と起こっている。

    メンバーの山口真帆(23)が昨年12月、新潟市内の自宅で男性から暴行される被害を受け、今月18日の公演をもって卒業するという、異例の事態に追い込まれているNGT48。

    とりわけ、再出発を期するメンバーに対しての“風評被害”が、とどまるところを知らない。

    7日には、メンバーの清司麗菜(せいじ・れいな、18)が、公式モバイルサイトの「フォトログ」で山口に対して触れた記事が削除された。

    これがさまざまな憶測を呼び、清司のSNSはあっという間に炎上。

    3月に行われたAKSの会見では直接指摘し、先日つづったコラムでも改めて触れた、NGTメンバーに対する「犯人探し」の動きは、日に日に苛烈さを増している。

    今回、清司が触れた内容の是非は、少なくとも部外者には分からない。

    当該の投稿を削除したのはだれか、これも部外者には分からない。

    だが、いわゆる「ネット民」は、清司とAKSを“総攻撃”した。

    その結果として何が起こるか、もしかしたら、いわれのない中傷で誰かが傷つくかも…、という配慮は、恐らくなされないままに。

    AKBグループが、インターネットというツールを最大限に活用して大きくなったことは、疑いようがない。

    不特定多数の、ある意味「愉快犯」への対策も、それなりに取ってはきただろう。

    だが、昨今の「炎上」の流れは、もはや簡単にコントロールできるものではない。

    言葉を選ばずに言えば、無責任な匿名の外野が方々から発火する行為に対して太刀打ちするのは、現実的に不可能だ。

    もちろん、インターネットは他人とのつながりに意味を見いだすツールであるし、自由に意見を言う権利は誰にでもある。

    だが、その権利を濫用し、誰がどのように傷ついても知らんぷり…、というのは、さすがに問題だろう。

    NGTでは荻野由佳(20)も、起用されたアパレルブランド「Heather」のプロモーションが中止された。

    再三の指摘になるが、清司にせよ荻野にせよ、山口の騒動に直接関与したと判断できる明確な材料は存在しない。

    その中で、こうした「私刑」が自然に行われているということは、およそ成熟した社会ではあってはならないことではないか。

    NGTの件に限らず、ネットユーザーの“暴走”は、恐ろしいものがある。

    仮にその主張が正鵠を射ていたとしても、綿密な検証の上で具体的な根拠をもった上で行われなければ、どこまで行っても「私刑」に過ぎない。

    そういった自体を防ぐために、我々メディアはより深く取材を行い、事実の検証が完了した時点で報道する。

    それに物足りなさ、もっと言えば不信感を覚える方々が多いのは、身にしみている。

    だからといって、逆に一部の声におもねるために、事実を曲げて報道するということは、我々には許されない。

    先日のコラムにも書いたが、実際のところ、この案件に対する取材は、恥ずかしながら十全ではない。

    それがまた、多くの憶測を生む“一助”になっているとしたら、忸怩たる思いだ。

    だが、改めてネットユーザーの方々に問いかけたいのは、「自分の行動の影響力を、十分に理解していますか?」ということ。

    仮に今回の件に関し、「山口真帆さんがいじめられた」という“正義感”に駆られて行動したとして、いじめたと思う人間を、名前も場所も、何もかも秘匿して攻撃することは、よりたちの悪い「いじめ」に陥る可能性があることを、冷静になって理解するべきだと思う。

    5月18日、山口ら3人のメンバーはグループからの卒業を迎える。

    それは、決して望んでいたものではないということは、山口の主張からも明らかだろう。

    アイドルグループとして成立していくために、今回の件に関して目をそらしたまま次の流れに進むことは、もちろん賛成できない。

    だがそのために、無差別に誰かを攻撃しても良いということではない。

    ファンにとっても、メンバーにとっても最良の解決方法は何か。あと1週間で、運営側は結論を出さねばならない。(デイリースポーツ・福島大輔)

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190511-00000040-dal-ent


    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1557542968/

    【【悲報】マスコミさん、「ネットのせいで『NGT山口真帆暴行事件』は”風評被害”が酷かった。ネット民はもっと考えろ」などと言ってしまい炎上wwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    1: 2019/05/10(金) 12:26:49.51 ID:o2FCuz820
    テレビ朝日(20:55~)
    記者「テレビ朝日です。園としては、今日の事故、車の動きなどどのように把握しているのでしょうか。」
    記者「車の動きなど、どのように認識されているのでしょうか。」
    記者「今日の事故の反省について、どのような状況を認識されているのでしょうか。」
    記者「たとえばすみません、普段の交通量の状態ですとか、交差点の、昔から事故があったという状態のなかで、そこのところ、どのように認識されているのでしょうか」
    記者「普段から少しは危ない箇所という認識だったのでしょうか。」
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20190508-00417349-fnn-soci


    現場交差点では過去5年間、人身事故はなかった。周辺の縁石に事故による目立った傷は残っておらず、軽乗用車が横断歩道脇の縁石のない部分から歩道につっこんだため、被害が大きくなったとみられる。
    https://mainichi.jp/articles/20190509/k00/00m/040/304000c


    引用元:http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1557458809/

    【【これは最悪】大津事故で保育園にマスコミ「昔から事故があったんだろ?」←5年間人身事故は無かった】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    1: 2019/05/09(木) 10:15:17.03 ID:FC3nzTIi9
    8日、滋賀県大津市で園児2人が死亡する事故が起き、保育園が会見を開いた
    立憲民主党の蓮舫は、「会見が急務だったのでしょうか」などとツイート
    散歩前の様子を聞く質問には「あの場で聞くものなのだろうか」と綴った

    立憲民主党の蓮舫副代表(51)が8日、ツイッターを更新した。

    滋賀・大津市で軽自動車が散歩中の保育園児の列に突っ込んだ事故で、同日行われた保育園側の記者会見に言及した。

    事故に直接関係のない園長に執拗に質問を浴びせる報道陣の姿勢には、ネット上で強い批判が巻き起こった。園長は泣き崩れ、世間の反感はさらに高まった。

    蓮舫氏は「保育園の方々のご心痛はどれくらいでしょうか。保護者に向き合わなければならないなかで本当に会見が急務だったのでしょうか。園長先生への立て続く質問が急がれるものだったのでしょうか。と、思わざるを得ない会見です」と苦言。
     
    フォロワーからも同様の内容を指摘され、蓮舫氏は「確かに、散歩の前の園児の様子を聞く質問はあの場で聞くものなのだろうか、と思いました」と疑問を呈した。

    2019年5月9日 9時7分
    東スポWeb
    http://news.livedoor.com/article/detail/16431146/


    引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1557364517/

    【【大津】”園長いじめ”のマスコミさん、政治家からも苦言を呈されてしまう】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【テレビ】<玉川徹氏>池袋暴走事故で加害者が上級国民だから番組が忖度とのネット批判に「心外。そんなこと考えてもない」
    1

    1: 2019/04/25(木) 09:30:53.38 ID:wR02ZQpF9
    25日放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)で東京都豊島区東池袋で旧通産省工業技術院の飯塚幸三・元院長(87)の車が赤信号を無視し暴走し、松永真菜さん(31)と、長女の莉子ちゃん(3)が死亡、10人が負傷した事故で24日に松永さんの夫が会見したことを特集した。 

    番組では飯塚元院長が逮捕されないことでネット上で批判が噴出していることを紹介。

    逮捕されない理由を専門家が本人がケガで入院しており逃亡の恐れがないことや、事故を認め、ドライブレコーダー映像で車を押収済み証拠隠滅の恐れがないこと、親族が身元引受人として看病し任意の出頭に応じる見込みがあるためなどの理由を指摘した。

    コメンテーターで同局の玉川徹氏は、逮捕されないことへの批判などが

    「ウチの番組にも電話とかで声が届いているみたいなんだけど」

    とし

    「官僚だから、何だっけ?上級国民?上級国民だから番組も忖度して容疑者とかそういう風なのを付けないんだろうとか出ているんだけど、それは全然ないですよ」

    と断言した。

    その上で

    「だって実名でかつ顔写真も我々、報じているわけですよね。官僚だからなんてことを我々考えるわけない。だいたい、私なんか官僚の不正とか税金の無駄遣いとか率先してやってきた方なんでそういう風に言われるのは本当に心外ですよね。そんなこと考えてもいないですよ」

    とコメントしていた。

    4/25(木) 9:14配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190425-00000052-sph-soci


    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1556152253/

    【【うーん】池袋暴走、『マスコミは上級国民に忖度してる』に対するマスコミさんの”反論”がなんか白々しい】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【サッカー】中田英寿氏、現役時代のマスコミとの確執語る「すっごい戦った」TBSで
    1

    1: 2019/04/19(金) 10:30:14.68 ID:ScCaCPiC9
    4/19(金) 10:13配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190419-00000041-dal-ent

    元サッカー日本代表の中田英寿氏が19日、TBS系「ビビット」で、真矢ミキとの対談に臨み、現役時代のマスコミとの確執について語った。

    真矢から小さい頃はどんな子どもだったのかと聞かれた中田氏は、教師や親が指導しても納得しなければ絶対にやらなかった子ども時代だったと振り返った。

    これに真矢は「『なんで言う事を聞かないんだ』という人はいなかったのか?」と質問。

    すると中田氏は「そんなのいっぱいあって。その最たるものが現役時代のメディアとの付き合い方。すっごい戦いましたからね」と振り返った。

    中田氏と親しい真矢は「ヒデちゃん、どなたとも溶け込んで…」とそんな一面は信じられないという表情を浮かべ、中田氏も「好きだから。子どもの頃から人と話をするのが好き」と認めたが、現役時代のヒーローインタビューを振り返り「試合終わりました、インタビュー生中継30秒、『今日はどうでしたか?』と。どうでした?お前の疑問はないのかと」と思っていたという。

    「それをプロに向ける言葉なのかと思いながら」聞いていたといい「真摯に聞かれれば真摯に答えるし、その他の所でも予定調和とか、向こうが自分の欲しい答えを引きだそうとしているのが分かった瞬間に、わざと違う答えを言ったり」ともコメント。

    「そういう人に対してはすぐに戦う。それが何年も続いたし、自分も結構きついときもあったけど、自分の信念を曲げる事の方が嫌い」と当時を振り返っていた。



    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1555637414/

    【【うーん】中田英寿「マスコミとすっごい戦った」←これ…】の続きを読む

    このページのトップヘ