アメリカ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    1: 2019/04/12(金) 12:16:22.57 ID:CAP_USER
    当初、単独会談は15分間行われる予定だった。

    しかし、12時18分に協議がはじまり、冒頭に両首脳が発言したのに続き、記者団とトランプ大統領間の問答が27分ほど行われ、同席者のいない単独会談は、事実上2分程度行われた。

    https://www.mk.co.kr/news/world/view/2019/04/225140/


    引用元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1555038982/

    【【ファッ!?】韓米首脳会談、2分で終了←これwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/01/24(木) 11:00:56.18 ID:jrvKOwi90
    1

    貿易の4割米国なのに国交断絶


    ベネズエラ、米国との断交を発表 野党指導者の暫定大統領承認受け

    ベネズエラのマドゥロ大統領は23日、米国と国交を断絶すると表明した。トランプ米政権がベネズエラの野党指導者フアン・グアイド国会議長を暫定大統領として承認したことを受けた動き。

    トランプ米政権は23日、ベネズエラの野党指導者フアン・グアイド国会議長を暫定大統領として承認すると同時に、主要産業である原油部門に新たな制裁措置を導入する可能性があることを示し、同国のマドゥロ政権に対する圧力を強めた。

    全文はソースで
    https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/01/post-11586.php

    【【シャレならん】ベネズエラさん、エゲツないことになっとるwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/01/18(金) 08:04:52.35 ID:kn8z531q9
    1

    【レーダー照射】“衝撃事実”韓国救助漁船は「北工作船」か 日米情報当局分析…SOSなぜ韓国だけ察知したのか


    日米情報当局が、衝撃的な分析をしていることが分かった。

    韓国海軍の駆逐艦が昨年12月、海上自衛隊のP1哨戒機に「敵対行為」といえる火器管制用レーダーを照射した際、同艦が「人道的な救助活動」をしていたという北朝鮮漁船が、「北朝鮮の工作船」に酷似しているというのだ。

    日本の排他的経済水域(EEZ)内での遭難とされるが、自衛隊も海上保安庁も救難信号を受信しておらず、韓国側がどうやって北朝鮮漁船のSOSを察知したのかも疑問視されている。

    日米両政府は一連の情報を共有しており、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権がレーダー照射を認めない背景も含めて、重大関心を寄せている。

     
    訪米中の岩屋毅防衛相は16日午後(日本時間17日午前)、パトリック・シャナハン米国防長官代行と、ワシントン郊外の国防総省(ペンタゴン)で初めて会談し、日米同盟を一層強化させる方針で一致した。

    岩屋氏は加えて、レーダー照射問題についても説明した。岩屋、シャナハン両氏は、日米韓3カ国による抑止力が地域の安全保障に不可欠だとの認識を共有した。3カ国連携から離脱しつつある、韓国・文政権への“警告”ともいえそうだ。

    日本のEEZ内で発生したレーダー照射問題は、韓国側が事実関係を認めず、「海自哨戒機が威嚇的な低空飛行をしてきた」「日本が謝罪しろ!」などと逆ギレしたため、日本国民の怒りを沸騰させている。

    こうしたなか、日米両政府は複数のルートで情報を共有し、詳細に情報解析を進めたという。

    菅義偉官房長官も7日のBSフジの番組で、「米国をはじめとする国々には、日本が確信している内容を確実に説明している」と語っている。これは国際宣伝戦でもある。

    この結果、「日本が正しい」という共通認識とともに、遭難したとされる北朝鮮漁船への疑問が浮上したという。日米情報当局関係者は語る。

    「北朝鮮の通常漁船より、サイズが4倍ほど大きい。『漁船団の母船では』と報じられたが、専門家が形状などを分析したところ、これまで確認された『北朝鮮工作船』とよく似ていることが分かった」

    北朝鮮の工作船といえば、2001年12月、鹿児島県・奄美大島沖の日本のEEZ内に、中国漁船を偽装した不審船が侵入しているのが発見された。

    不審船は、海保の巡視船による停船命令を無視して逃走し、激しい銃撃戦の末に自爆沈没した。船を引き揚げて調べたところ、不審船は「北朝鮮の工作船」と判明した。

    船内からは、対空機関砲やロケットランチャーなどの兵器や、無線機や携帯電話などが発見された。工作船はかつて、洋上での裏取引「瀬取り」で覚醒剤密輸をしていたことも判明した。

    今回のレーダー照射問題で、韓国側は当初、

    「遭難した北朝鮮の漁船を捜索中だった」
    「悪天候のため、艦に積み込んでいたあらゆるレーダーを稼働させた」
    「たまたま自衛隊機にレーダーが当たった」

    と説明していた。

    ところが、途中から「火器管制用レーダーは照射していない」と言い出し、日韓防衛当局間の実務者協議でも、照射されたレーダーの電波情報を交換することを拒否している。異常な対応というしかない。

    疑問はさらにある。

    自民党国防部会と安全保障調査会が16日開いた緊急合同会議で、防衛省統合幕僚監部総括官は、韓国海軍駆逐艦と韓国海洋警察の警備艇が、いわゆる北朝鮮船を救助していたとされることについて、「現場(海域)で何をやっていたのか、それがわれわれにとっても最大の関心事だ。

    日本のEEZ内だったが、その船からの救難信号は自衛隊も海上保安庁も受信、感知していない。韓国側が(遭難を)知っていたというのは不審な部分がある」と語った。

    ちなみに、韓国側が北朝鮮漁船に燃料や物資などを提供していた場合、国連安保理決議に抵触しかねない。

    もし、漁船が「北朝鮮工作船」の偽装だった場合、「従北」の文政権は国際社会から厳しい説明責任を求められそうだ。

    日米情報当局関係者は「メディアは、韓国側がレーダー照射を否定していることに注目しているが、重要なのは『北朝鮮漁船の正体』と、『韓国側が、どうやって北朝鮮船の救難信号(連絡?)を受けて、自国から遠く離れた、日本のEEZ内にいたか』だ。文政権の対応次第では日韓関係だけでなく、米韓同盟にも大きな影響が出てくる可能性がある」と語っている。

    2019.1.18 ZAKZAK
    https://www.zakzak.co.jp/soc/news/190118/soc1901180008-n1.html

    【【ええぞ】レーダー照射よりも大切な『日本のEEZ内で何をしていたか』にいよいよ言及ww韓国さん大ピンチwww】の続きを読む

    このページのトップヘ