2019年05月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    1: 2019/05/31(金) 09:21:48.45 ID:DjC1FNw09
    ◆ 【炎上】フジテレビが川崎殺傷事件でゲームを悪者にする報道か / 猛烈批判「岩崎容疑者の自宅にゲーム機があったと報道」

    フジテレビを筆頭としてFNN28局がインターネットニュースを配信している「FNN PRIME」が、2019年5月23日(火曜日)に発生した川崎殺傷事件に関するニュース記事を配信したものの、その内容が情報操作的、偏向報道的であるとして、猛烈なバッシングを受けて大炎上している。


    ・最悪の結果となった卑劣な事件

    川崎殺傷事件は、岩崎隆一容疑者(51歳)が包丁で次々と小学生らを切り付け、女児1人、大人1人、そして岩崎隆一容疑者が自殺するという最悪の結果となった卑劣な事件。
    警察は岩崎隆一容疑者の自宅を家宅捜索した。


    ・「部屋にテレビとゲーム機」と報じる

    その家宅捜索に関し FNN PRIME は「部屋にテレビとゲーム機 岩崎容疑者の自宅」と題して記事を掲載。
    あえてゲーム機に焦点を当てた記事を掲載し、内容も「ゲーム機が部屋にあった」というだけのもので、特に犯行に関係がありそうなものではなかった。


    ・ゲーム機を悪者にしようという流れ

    特に内容がない記事ではあるが、このような事件ではあえてゲーム機に焦点を当てた記事を書くことにより、ゲーム機を悪者にしようという流れが作られることがあるため、今回の FNN PRIME の報道は情報操作的(偏向報道的)であると猛烈な批判を受けているのである。
    たとえば、前参議院議員の山田太郎氏は以下のように語っている。


    ・山田太郎氏のTwitterコメント

    「川崎殺傷事件の報道。あえてゲームとテレビのみを切り出し、記事ではゲーム機をことさら強調し、あたかも犯罪と紐付けるような報道は認めるわけにはいきません。抗議します(テレビの世帯保有率は98%以上、ゲームも3割以上)」

    https://twitter.com/yamadataro43/status/1134035528842588165


    ・どうしてテレビとゲーム機だけをとりあげて報じたのか

    警察の家宅捜索を報じるにあたり、「岩崎隆一容疑者の部屋に何があったのか」を視聴者に伝えるにしても、テレビとゲーム機は多くの家庭にあるものであり、それだけを取り上げて記事化するのは非常にナンセンスとの声が出ている。

    ちゃぶ台、コップ、雑誌、本、布団、枕、お菓子、パンなどは部屋になかったのだろうか。
    たとえばパンがあったならば、「岩崎容疑者の部屋にテレビとゲーム機とパン」と報じず、どうしてテレビとゲーム機だけをとりあげて報じたのか。


    ・強引なこじつけでゲーム機を悪者にする流れ

    重ねて言うが、このような凶悪犯罪が発生すると、ゲーム機が犯行の原因かのように報じられ、ネガティブなイメージが作られてしまう流れが以前からあった。
    そろそろ、そのような「強引なこじつけでゲーム機を悪者にする流れ」は終わらせたほうが良いのではないだろうか。

    バズプラスニュース 2019/05/30
    http://buzz-plus.com/article/2019/05/30/kawasaki-jiken-game-news/


    引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1559262108/

    【【炎上】『川崎刺傷事件』でマスコミがやらかし批判殺到!!!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    1: 2019/05/31(金) 11:02:02.31 ID:+d5VPxTY9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190530-00009702-bengocom-soci

    東京都北区のJR赤羽駅ホームで、女子高生2人に追いかけられ、走って逃げる男性の動画が5月28日、Twitterに投稿されました。

    Twitterでは「痴漢ではないか?」と言われていましたが、5月29日に放送されたフジテレビ系情報番組「めざましテレビ」で、逃げていた男性が女子高生に痴漢行為をしたとして、強制わいせつの容疑で逮捕されたことが報じられました。

    動画では、ホームを走って逃げる男性と後ろから「逃げるな!」と声を上げて追いかける女子高生2人の姿が映されていました。

    また、逃げる男性が目の前を通り過ぎた時に、別の男性がさっと足を出し、逃げている男性を転ばせていた場面も撮影されています。

    ネットでは、転ばせた男性について、「暴行罪だ」と指摘する声が一部で上がりました。

    本当に暴行罪にあたるのでしょうか。西口竜司弁護士に聞きました。


    ●「男性の行為は犯人の逃走を防止するためで社会的に正当」

    今回のケースのように、女子高生たちが「逃げるな!」と言いながら、追いかけている男性を周囲の人が転ばせた場合、罪に問われるのでしょうか?

    「中々に珍しい案件ですね。今回の件につきましても形式的に考えますと、暴行罪(刑法第208条)に該当することになります。ただし、逃げる犯人を逃がさないために行ったという点で法令行為(刑法第35条)に該当するとして、違法性が阻却(そきゃく=退けること)されないか問題となってきます。

    つまり、男性の行為が刑事訴訟法213条の現行犯逮捕に該当すれば、法令行為として違法性が阻却されることになります。

    ただし、現行犯逮捕が認められるためには、犯行を現認していることが必要です。今回の件では男性が犯行を見ていたとはいえず、現行犯逮捕を認めることは難しいかなと思われます。したがって、法令行為に該当するとして違法性は阻却されない可能性が高いです」

    では、男性は暴行罪に問われるのでしょうか?

    「男性の行為は犯人の逃走を防止するために行ったものであり、社会的にみて正当なものといえます。私としては、超法規的な観点から違法性阻却される可能性があると考えます。

    つまり、今回の事件では暴行罪は成立しないのではないでしょうか。当たり前といえば、当たり前の結論かもしれませんが考え始めると悩みますね。男性の勇気に拍手を送りたいと思います」


    引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1559268122/

    【【えぇ…】『逃げる痴漢』を転ばせた男性、「暴行罪だ」と一部ネット民に叩かれる…”痴漢冤罪”が憎過ぎて頭がおかしくなる人々 (;゚Д゚)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    1: 2019/05/30(木) 12:20:38.66 ID:b6xgTc180


    引用元:http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1559186438/

    【【最悪】文科省「不登校の原因が『いじめ』なのはわずか0.4%。大体”家庭”のせい」NHK「ほんまか?調べるわ」→結果…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    1: 2019/05/29(水) 10:20:52.77 ID:eokxlP6M9
    オーストラリアの少年裁判所は、アップルのメインフレームを2回ハッキングした10代の少年に対して有罪判決を記録せず、「貴重な才能」を善行に使うよう命じました。

    この少年の動機が「アップルに雇ってもらいたかった」であったことや、アップルに金銭的および知的財産権的な被害がないとの判断に基づいたものです。

    南オーストラリア州のアデレード在住の少年(現在17歳)は2015年12月、13歳のときにメルボルン在住の仲間と共にアップルのメインフレームに侵入。

    そして2017年初めに再びハッキングし、内部文書とデータをダウンロードしたとのことです。

    その行動はオーストラリア連邦警察(AFP)を通じて、米FBIに報告されています。


    少年側の弁護士は、当時の本人が行動の重大さに気づいていなかったと主張。

    同様のことをした人物がアップルに雇われたとの噂を聞き、ハッキングが発覚すれば自分も仕事がもらえる可能性があると期待していたと述べています。

    さらに弁護士は、少年が大学でサイバーセキュリティと犯罪学の研究を望んでおり、前科が将来の雇用に影響を与える恐れがあるため、有罪判決を免れるよう依頼してきたと証言。「私のクライアントは意欲がある」と述べています。

    これに応えて、治安判事は有罪判決を記録せず、9ヶ月間で500豪ドル(約3万8000円)分の善行をするよう命令。

    「彼は情報技術に関して才能があることは明らかであり、才能がある利点を持つ人はそれを乱用する権利はない」と申し渡しています。

    オーストラリアABCの取材に対して、アップルは判決自体にはノーコメント。

    その一方でメインフレームへの侵入については

    「自社のネットワークを慎重に保護し、脅威を検知して対処するための情報セキュリティチームを擁しています」

    「わが社のチームは不正アクセスを発見し、封じ込め、事件を法執行機関に報告しました」

    とした上で、ユーザーの個人データは危険にさらされていないと強調しています。

    今回とは真逆の方向ですが、グループFaceTimeの盗聴バグをいち早く見つけたのも14歳の少年でした。

    セキュリティホールやハッキング対策には、若い才能が求められているのかもしれません。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16528852/


    引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1559092852/

    【【スゴイw】『Apple』に”ハッキング”した天才少年に裁判所さん「貴重な才能」「善行に使いなさい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    1: 2019/05/28(火) 11:23:34.22 ID:Gjqz9j3X9
    無敵の人

    簡単に言ってしまえば、『失うものが何も無い人間』のこと。失うものが何もないので社会的な信用が失墜する事も恐れないし財産も職も失わない、犯罪を起こし一般人を巻き込むことに何の躊躇もしない人々を指す。

    もとは2008年頃にひろゆきが自らのブログの中で発した言葉だったが、2013年に「黒子のバスケ脅迫事件」などを通してこのフレーズが最近再び話題になった。

    逮捕されると、職を失ったり、社会的信用が下がったりします。
    元々、無職で社会的信用が皆無の人にとっては逮捕というのは、なんのリスクにもならないのですね。

    花輪和一さんの刑務所の中とか読んじゃったりすると、「刑務所もそんなに悪いとこじゃないのかもねー」とか思っちゃったりもするかもしれません。(中略)

    でも、現在はインターネットを使った犯行予告をすることで、警察官を特定の場所に動員したり、飛行機を遅らせたり、警備員を走らせたりするぐらいの発言力が手に入ってしまっているわけです。
    彼らは、それなりの社会的影響力を行使できる状態にあるのですね。
    でも、欲望のままに野蛮な行動をする彼らを制限する手段を社会は持っていなかったりするわけです。

    ちなみに個人的に、こういう人を「無敵の人」と呼んでいたりします。

    出典:ひろゆきの公式ブログexit


    無敵の人にとっては犯罪を起こす事など何の抵抗もなく、逮捕されることは社会からの追放ではなく「まぁいいか」程度の環境の変化に過ぎず、死刑を課したところで「生きることに執着していない」ため、自殺の手伝いにしかならない。

    寧ろ「自分が本当に警察ほか多くの人間を動かして見せた」事にこそ満足感や充実感を覚える無敵の人にとって、逮捕は予定調和のゴールに過ぎない。

    事実、「黒子のバスケ」作者を脅迫した犯人も作者とは何も面識や接点は無く、「成功者への妬み」が犯行の原動力となっており、今後も何かのきっかけで失う物を持たない人間が「無敵の人」と化して同様の犯行に走る事もあるかもしれないし、もし発生したらそれらを未然に防ぐ事は不可能に近いだろう。

    https://dic.nicovideo.jp/a/%E7%A1%E6%B5%E3%AE%E4%BA%BA


    引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1559010214/

    【【やりきれない…】弱者を襲い自らの命を絶つ…『無敵の人』に社会はどう対処すべきか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    1: 2019/05/27(月) 12:58:27.03 ID:psZ5sjQv9
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201905270000345.html
    2019年5月27日12時13分

    NON STYLE井上裕介(39)が、幼い子どもを連れた一般人から呼び捨てにされたことを明かし、しつけについての思いを明かした。

    井上は27日、ツイッターを更新。

    「街で小さな子供を連れている家族が、僕とすれ違った瞬間に、『あっ!いのうえ!!』っと呼び捨てで言われる」

    と書き出した。

    一般人から呼び捨てにされることについては

    「僕は呼び捨てでも、『気持ち悪い』でも何でもいい!」

    という井上だが、

    「ただ、お子さまが呼び捨てを当たり前にならないためにも、子供の前だけでも親御さんは『くん』とか『さん』をつけた方がいいのになと思う」

    と私見を述べ、ファンからは

    「本当に、私もその通りだと思います!」
    「正論ですね」
    「ほんと、それですね 大抵、子供の口汚いのは、親のせいだから、気をつけます」

    といったコメントが多数寄せられた。


    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1558929507/

    【【これはイケメンw】ノンスタ井上さん、非常識な親に正論をぶつけてしまうwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    1: 2019/05/27(月) 11:18:26.89 ID:rECDLTbq9
    新潟を拠点とするアイドルグループ・NGT48の早川麻依子劇場支配人が24日にツイッターを開設し、元メンバーの山口真帆が暴行被害を受けたことに端を発する一連の騒動などについて説明を始めた。

    矢面に立ってでもファンの疑問を少しでも解消し、現在のメンバーたちを守り、入り乱れる情報を交通整理しつつ事態収束に向かいたいという前向きな試みとみられるが、早川氏単独でのツイートには限界もあり、理解を得るにはいささか厳しい情勢だ。

    山口もすでに他社の所属タレントとなったいま、一連の騒動は果たしてどこへ着地するのか。 


    「しっかりと対処」早川氏、約束

    早川氏のツイートは、まずは辛い思いのまま卒業していったメンバーをはじめ、ファンや地元の人々などに陳謝することから始まった。

    それとともにネットでの誹謗中傷などに苦しむメンバーが多数いると説明、「メンバーを預かる支配人として、違うことは違うと、NGT48のメンバーのために発信していきたいと思います」と、ツイッターを開設した動機を明らかにした。

    これまでのツイートを通し早川氏は、「12/8に起こった暴行事件に加担したメンバーはおりません。警察で事情聴取を受けたメンバーは、捜査協力のため事情聴取を任意で受け、自ら携帯を提出しましたが、関与はなかったと認められています」と、他メンバーの関与はなかったと説明している。

    また、大きな懸念事項といえるファンと一部メンバーとのつながりについては、以下の通り説明している。

    「○○がつながっていると人から聞いた。○○っぽい子が男の人といるのを見た。○○はつながっていると思う。○○が人目を避けるように歩いていた。という曖昧な話ばかり。処分しようにも全く証拠がありません」

    「つながりを申告してきたメンバーもいました。DMを2回返信してしまったが私的に会った事はない。また、取材先の飲食店の方が偶然ファンで、クレープをサービスしてくれて、来店のお礼のDMについ返信をしてしまった。そんな内容のものでした」

    早川氏によると、これらつながりに関する話は、早川氏自身が第三者委員会の報告後にメンバーから聞いた話とのことだ。

    早川氏は「これから、運営の責任は責任として背負いながら、やるべきことはやります」とし、「私は、メンバーやファンの皆様に迷惑行為をしている『厄介』と呼ばれているファンのことを、本当のファンだと思ってはおりません。メンバーやファンの方のためにしっかりと対処をしていきます」と、決意を述べている

    5/27(月) 10:15配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190527-00010000-wordleaf-ent


    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1558923506/

    【【ワロタw】アホほど悪手を打ち続けるNGTさん、ついにメディアからも呆れられてしまうwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    1: 2019/05/27(月) 10:46:39.42 ID:psZ5sjQv9
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/05/27/kiji/20190524s00041000256000c.html
    2019年5月27日 10:26

    26日放送の日本テレビ系「世界の果てまでイッテQ!」(日曜後7・58)の平均視聴率が18・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが27日、分かった。

    18%超は、3月3日の18・8%以来、今年6回目となった。

    この日は、「大島探検隊with木村佳乃inアメリカ」「宮川&中岡のミステリーツアーinイギリス」などを放送した。

    同時間帯に放送された番組は、

    NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(日曜後8・00)は8・6%

    テレビ朝日「ポツンと一軒家」(日曜後7・58)は19・0%

    TBS「消えた天才」(日曜後7・00)は7・0%

    テレビ東京「全仏オープンテニス」(日曜後7・54)は5・6%

    フジテレビ「でんじろうのTHE実験」(日曜後8・00)は5・2%だった。


    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1558921599/

    【【キターw】『イッテQ』の”視聴率”がSUGEEEEEEwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    1: 2019/05/27(月) 07:07:41.29 ID:h7dTkwiu9
    ・NBAの試合中継を竜巻の緊急速報に切り替えて放送した米TV局に苦情が殺到
    ・これに対し、同局の気象予報士が「謝罪をしません」とのコメントを発表した
    ・苦情を言われても今後も続行するという熱心な態度に多くの賛同が寄せられた

    日本ではそろそろ梅雨の季節がやってきますが、米国では初夏といえば竜巻の季節です。今年は特に、竜巻警報のサイレンが鳴ることが多くなっています。

    先日、バージニア州でも竜巻が発生したそうなのですが、地元のテレビ局・ABC13ではその日、警報が出た直後から画面を緊急速報に切り替えて、天気の動向をリアルタイムで伝えていました。

    ところがそのタイミングがバスケットボール・NBAの大きな試合の真っ最中。

    中継を邪魔されたと怒った視聴者から、苦情の電話が殺到する事態となりました(※しかし、スクリーン上の小さい画面で、試合の放映は続いていました)。

    それに対して、同局の気象予報士であるデビッド・フリッキンガーさんが後日、コメントを発表。

    「前日の悪天候時における緊急速報に対して、お叱りの言葉を頂きました……」

    と語り始めるフリッキンガーさん。

    お詫びを述べるのかと思いきや、続けて

    「本日は、その件について謝罪を『しません』という事をお伝えしたいと思います」。

    フリッキンガーさんは続けて、過去の竜巻の被害を映した動画を紹介。

    「幸い、これらの被害は建物などのみで、犠牲になった方はいませんでした、しかし災害の可能性を報道する緊急速報は、テレビ局の決まりであり、そして人々の安全を守るために、たとえ視聴者に苦情を言われようとも、これからも続行する予定です」

    と強調しました。

    このフリッキンガーさんの、仕事に対する熱心な態度が米ソーシャルサイトのredditで紹介されると、数日で6万近い「いいね」が付けられ、多くの賛同のコメントも寄せられました。

    実は彼、以前働いていた他州のテレビ局では、同じようにスポーツ中継の最中に山火事速報を伝えたところ、なんとクビにされてしまった過去があるのだそうです。

    そんな経験があっても信念を変えず、新しい職場で活躍しているのは、とても素晴らしいことですね。

    2019年5月26日 22時9分
    ナリナリドットコム
    http://news.livedoor.com/article/detail/16520923/


    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1558908461/

    【【こっちの方がいい!!】「クレームいっぱい来たけど謝らん!!」←これwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    1: 2019/05/26(日) 12:38:43.60 ID:XR7erk9+9
    【ソウル聯合ニュース】

    2016年に解散した韓国ガールズグループKARA(カラ)の元メンバー、ク・ハラさんが26日未明、自〇を図り、病院で治療を受けている。

    マネージャーが自宅で倒れているのを発見し、通報した。現在、意識はないものの、呼吸と脈拍は正常だという。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16518760/
    2019年5月26日 11時49分 聯合ニュース


    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1558841923/

    【【闇深】『元KARA』ク・ハラさんの現在、トンデモないことになってる…((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル】の続きを読む

    このページのトップヘ